『ストレスフリーの整理術』タスク管理に最適なGTDとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自分の人生を自分でコントロール出来たらどんなに幸せなことだろう。

仕事など予定に追われることもなく、自分の人生を生きられる。

そして、要領よく生きている人のようになりたい。

そう思うことがありませんか?

今回紹介するのは、そんな課された仕事や課題(タスク)を効率的にこなして

自分の自由な時間を増やすタスク管理の本についての紹介です。

スポンサーリンク

デビット・アレン著「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」

本の購入経緯

「仕事の早い人や要領の良い人は、どんな考え方で動いて仕事を進めているのだろうか?」

ふと、そう思ったのがきっかけです。

「仕事術」などの検索ワードで検索していた所「GTD」に出会いました。

新書がなかったので中古本での購入ですが、状態はかなり良かったです。

この本の対象で読者

仕事の思うように進まない方や、集中したいことが会っても考えがまとまらい方、要領が悪いと思っている方、もっと一日の時間を増やしたい方、豊かな人生を贈りたい方などにオススメの本です。

本書で紹介されているタスク管理術である「GTD」を実践すると、今まで以上のパフォーマンスを絶対発揮できます。

筆者の考えと印象に残った部分

ストレスフリーの仕事術:「GTDとは?」

GTDとは「Getting Things Done(やらなくてはいけないこと)」の頭文字を取った略称です。

仕事の内容が多様化した現在。

昔と違って職場に行っても、仕事に明確な終わりがありません。

山のようにあるやるべきことを、頭がスッキリした状態でリラックスしつつ、高い生産性を発揮した状態で行えるようにしてくれる5つのステップがGTDの本質です。

そして、GTDのすべてです。

GTDワークフロー

  1. 「気になること」すべてを1箇所に「収集」する。

  2. それぞれの意味と何をすべきかを明らかにする「処理」を行う。

  3. その「処理」の結果を「整理」する。

  4. それらの行動の選択肢を「レビュー」する。

  5. 選んだ行動を「実行」する。

これら5つのステップで行っていくことで、「水のように澄んだ心」で目の前のことに集中して取り組んでいくことが出来ます。

最後に

これを読んだ後、如何に自分が仕事の進め方を、そして、時間の使い方を意識していなかったか身に染みて分かりました。

でも、このGTDを実践できるようになってからは本書に書かれている通り、頭がスッキリした状態でリラックスしつつ、高い生産性を発揮出来ています。

目の前のことだけに集中することができる状態を作り出すことができるので、前以上に考え事で良いアイデアが浮かんで来ます。

ストレスフリーな状態を作り出すこの「GTD」について書かれた『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』はとてもオススメの本であることに間違いありません!

スポンサーリンク
こちらから他の記事も見ることが出来ます
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ