ある朝、電車で英語を勉強していると…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

今年に入ってから英語を勉強し始めているのですが、今月のはじめにした体験を通じて気が付いたことがあるので紹介したいと思います。

こんなことがありました。

スポンサーリンク

朝の電車内で、英単語帳を見ていると…

いつもり早く起きたので早めの電車に乗れました。

おかげで座席に座って英単語帳を見ることが出来て、パラパラとめくっていると隣に座っていた外国の方が話しかけてきます。

見知らぬ外国の方「英語勉強してるの?(かろうじて聞き取れました)」

僕「うん、そうだよ。難しいよ、これ。君は英語喋れるの?(片言だけど伝わったはずです)」

見知らぬ外人「もちろん…プッ、 ハハハッ!(ツボに入ったようでした)」

外国の方も笑いのツボは同じなのだなと思いました。
それからは聞き取れない英語だったので、聞き取れないと言うと見知らぬ外国の方がスマホで筆談?をしてくれました。

いつから英語を勉強し始めたのかなど、少しやり取りをしていると僕の停車駅が来てしまい、降りていく時…

「You can do it! Good luck♪
(あなたならできるわ。良い結果になりますように)

後ろから僕にも聞き取れるようにはっきりと、そしてゆっくり発音してくれていました。

僕が英単語帳を読んでいなければ話しかけられなかったかもしれません。
でも、まったく見知らぬ僕に話しかけてくれたこの外国の方にはとても感謝しています。

思い返してみると、その外国の方の質問の仕方がまだ英語をうまく話せない僕にはとても答えやすい質問で、YesかNoのように短く答えられる簡単なものだったのです。

まったくの初対面で人種も違いますが、相手の立場も考えて相手を理解しようとするこういったコミュニケーションの取り方って良いなぁと気付かされただけでなく、英語を覚えた後のリアルな体験をすることで、英語をもっと勉強しようと思えた朝でした。

あと、めっさ美人な方でした…。

スポンサーリンク
こちらから他の記事も見ることが出来ます
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ