スキマ時間に有効な読書方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

通勤中や待ち合わせ前の「スキマ時間」

そんな、ちょっとした時間を皆さんはどう使っていますか?

僕はよくこういうときのために本を1冊はカバンに忍ばせ、読書をしています。

電車に乗っている時、座れなくても立ったまま本を読んでいます。

日本人の年間読書量は12.3冊とのこと。
月に1冊ずつ読むと、その冊数に達します。

この計算から行くと、月に7冊の本を読むと日本人読書量の上位4%に入る事ができます。

そして、統計的に年間読書量が多い人は平均収入が高いそうです。

ちなみに僕の去年読んだ本の冊数は100冊を超えています。

僕の年収が高いかどうかはさておき、この1年間で収入が100万以上上がっていると言ったら、皆さんはどうしますか?

それでは、今回はこの「スキマ時間」の読書について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 「スキマ時間」に有効な読書方法

 スキマ時間に読書をする5つの理由

 ・最も削りやすい時間だから

普段、何気なく空いた時間にスマホでゲームをしたりするかもしれませんが、この「何気なく空いた時間」が1番有効活用しやすいと思っています。

・このスキマ時間を繋いでいくと莫大な時間になる

例えば通勤時間。
電車に乗っている時間が往復40分くらいだとして、その時間を年間で概算すると40分×20(月営業日)×12(1年) =9600分。

なんと、160時間(約7日)にも相当します。

つまり、年間1週間分の時間を算出できるのです。

仕事で疲れて寝る時を覗いても、結構な時間になります。

・心が落ち着く

仕事や、私生活などの何か追われていたりするとソワソワして心が落ち着きません。それはその行動に対して心の準備が出来ていないからです。

なので、その分野の本を読んで知識を入れて準備をしておくことで心の安定を図ることが出来ます。

・話題に事欠かなくなる

本を読むことで自分の中に知識が溜まっていきます。
不意に話題を振られることが合っても、自身の中に蓄えられた知識を取り出すだけで済むため困ることが少なくなってきます。

・周りからの評価が変わる

通勤時間などのスキマ時間に本を読む癖がつくと、その他のちょっとした時間にも本を読むようになってきます。

そんな知識探求に対する姿勢は周りの方が実はよく見ていたりするので、これが評価に繋がったりもします。(体験談)

実際、企業のトップの方々は本を読む方が多いので、共通の本を読んでいたりするとそこから話が弾んで関係も深まっていきます。

 スキマ時間の読書に使用するツール

・小さい付箋

何度も辞書引きするように読み返したりする本には、忘れないように気になった部分やその言葉を書いていくつも貼ります。たとえ重要だったことを忘れてしまっても、形として残すことでまた思い出せますし、気になった部分を読み直す時に探しやすくなります。

IMG 0521

ステゴザウルスの背中のように貼ってます(笑)

・大きい付箋

小さい付箋の用途としても使用できますし、近くにノートやメモとしてまとめるものがない場合、ちょっとした図を書いて覚えるときなどに適しています。

頭を少し出して貼って、中にはノートを取るようにびっしりメモをすると忘れにくくて良いですし、それをそのままノートに貼って管理することも出来ます。

FullSizeRender 24

・書きやすいペン

スキマ時間にササッとメモできるように滑りの良い自分の書き方に合ったペンを使うことをオススメします。

僕の場合は、このパイロット社のVCORN(直液式・水性)が滑りが良くて気にいっているので箱で購入してストックしています。

IMG 0523

スキマ時間の読書に最適な本は?

スキマ時間という短い時間で少しずつ読んでいくという性質上、ハードカバーの本のような長い話を読むよりは、短い話を読む方が適しています。

章や見出しが長い本ですと、スキマに読む度にどんな内容か思い出す度に戻って読んだりもするためなかなか先に進めません。

3〜5ページくらいに見出しが細かく分かれている本なら、その隙間の間に章をや見出しを読み切って付箋などにメモする時間もあるため効率的に読み進めることが出来るので、スキマ時間に読む本としては見出しが細かく分かれている本が適していると考えています。

終わりに

この1年間、スキマ時間を利用してちょくちょく本を読んだわけですが、確実に本を購入するのに投資しただけのことはありました。
(その話はまた別の機会に話します。)

ちょっとしたスキマ時間の積み重ねが莫大な量となり、それは少しずつですが着実に身になっていくのです。

そして、スキマ時間に今の自分に役に立つ本を読み、今度はそのスキマ時間を有効に活用しているうちに時間その物の使い方がうまくなっていきます。

手に入れた知識を活用しながら時間を上手く使うことで、自分の人生を自分でコントロールできるようになっていきます。

たった1度しかない人生の限られた時間の中で、何をするかは個人の自由です。

今回は、その限られた時間の中にあるスキマを利用した読書方法についてのお話でした。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
こちらから他の記事も見ることが出来ます
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ