元買取業者が教える!? 高値で売るためのオークファンの使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

お待たせしました。

ようやく具体的な使い方に入ります。

今回はオークファン(無料)の使い方を

実際に手持ちPS3をヤフオクで高く売るためにオークファンを使う

というシチュエーションでお教えします。

・オークファンの使い方

オークファン検索画面1

これがオークファンの検索画面です。

検索バーに検索したい物の名前やモデルなどを入れて検索します。

手元にPS3があるので、試しにそれで検索してみることにします。

DSCN0321

DSCN0328

PS3本体の裏側にモデルが付いているので、これを入力します。

このモデルというものは、家電製品ならよっぽど昔の製品でない限り

本体のどこかに必ず付いているので、探してください。

今回は「CECH-3000A」ですね。

検索に入る前に、自分でその商品のスペックや仕様などがしっかり頭に入っていれば

良いのですが、そうでない場合は、実際にyahooやgoogleの検索エンジンで

「CECH-3000A」を検索して、メーカーのページで必ず確認して下さい。

sonyページ(PS3)

メーカーのページ来たかいがあり、早速分かったことがあります。

箱や説明書がないので忘れていましたが、この時点で「CECH-3000A」は

容量が160GBということが分かりましたねb

では、検索バーに「PS3 CECH-3000A 160GB」と入れて実際に検索していきます。

ここで、なぜ「160GB」を入れて検索するかというと

出品者の中に「CECH-3000A」を入れずに出品した方もいるからです。

出品の際に目指すのは、より多くの人に自分の出品物が検索されて候補に上がり、

見て貰うところから始まります。

検索でヒットしない場合、見て貰える可能性は低くなりますので、高額で落札される

可能性は更に下がります。

ですので、僕らが出品する際には

タイトル情報量の少ない「CECH-3000A」が抜けている出品者の落札価格を

参考にする必要はないのです。

それを参考にするということは、落札金額が低い物を参考にするということです。

高額で落札されることを目指しているので、情報量がしっかりあって皆に見て貰っているものを

参考にします。

・オークファンの検索結果などデータの見方

では検索結果画面を見てみましょう。

PS3検索結果1

PS3検索結果2

ページ内の平均価格が11,775円です……ん?

ここで、検索方法のやり直しに気が付きました。

それは、このPS3CECH-3000Aにはどうやら

本体の色が黒の他にも、白色の本体があるようです。

このように検索途中で気が付いたら随時、検索方法や行動を修正していきます。

全ては、高額で物を売るためです!

では「PS3 CECH-3000A 160GB 黒」で今度は検索してみましょう。

平均価格2

10511円となり、少し下がりましたね。

価格は下がりましたが、がっかりしないで下さい。

出品する為に調べているのは、白のPS3ではなく、黒のPS3です。

その事実は変わらないので、これをいかに高額で売るかを考えるのが建設的です。

スヌーピーもそう言ってます。

20100210130321.png

では、商品情報の画面に移ります。

PS3検索結果3

ここでまた新たなことが分かりましたね。

一番下のPS3が「動作未」と書いているのが分かるでしょうか?

これは、出品時に動作の確認をしていないという意味で、

動作が確認できない状態(ケーブルなどがない)で所持していることになります。

あとは、悪徳業者や悪質ユーザーなどは動作不良がある場合、調べなかったことにして

注意書きで

「動作の確認をしておりませんので、現状でのお引き渡しになります。

ご了承頂けた方のみご入札ください」

というような文章を必ずどこかに載せているので、入札額が少ないからと言って、

入札してから、いざ商品が届いて誤動作が起こっても、落札者の責任になり

トラブルの基になってしまいますので落札する際は、記載をしっかりと読んでください。

こういった「動作未確認」の商品は落札価格が低くなります。

そして、今持っているのは完全に動く物なので、除外ワードの箇所に「動作未」と入力して除外します。

平均価格2(除外)

あと、先ほどの検索結果で分かることは

PS3が欲しくて落札する場合の話になってしまいますが

上から2番目と3番目と4番目のPS3ですが、タイトルと写真がどれも似たようなもので、

入札数も何十件も入っていますが注意してください。

これは明らかに同じPS3同じ場所で複数に渡り出品されています。

日付を見ると12月22日、29日、23日の順番になっていますね?

ヤフオクの規約では、商品と同一の写真を使わないといけないという規約がありますが

29日と23日はまったく同じ写真が使われていますね。

これは何らかの理由により、1つの出品したPS3が再出品されているのです。

考えられる理由としては、

落札者の評価が気になり、出品者が取り消した落札者に問題がある可能性

出品者の商品ページに記載のない情報が、取引開始中に提示されキャンセルされる出品者に問題がある可能性

の2つです。(大抵は前者が多いです。)

試しにそのPS3をページを見てみると、取引後の連絡が落札後の24時間以内となっていて、

守られない場合、落札者都合で取引をキャンセルするという記載がありました。

大抵の出品者は48時間を設定する方が多いのですが、24時間は少々短い感じがしますね。

どうやらそれにより取引がキャンセルされた線が濃厚ですね。

・ヤフオクでのタイトルの付け方

次の工程に移ります。

今回の目的は、オークファンを使ってヤフオクで手持ちのPS3を高く売るという

シチュエーションでしたね。

「動作未」などを除外ワードに入れて、入れて再検索を行うと、

手持ちのPS3の高く売れる相場価格とその為のタイトル情報が分かりました。

あとは、そのタイトル情報を真似て、可能な場合は更に製品情報を記入してタイトルにします。

ヤフオクでタイトルに表示できる文字数は30文字ですので製品情報などを入れると

下記のようになります。

[中古 SONY PS3 CECH-3000A 160GB 本体 コトローラー 黒 動作確認]

これで丁度30文字です。

通常のスペースは1文字でカウントされるため、ぎりぎり一杯まで入れる場合、

半角スペースを使っています。それらを全て合わせて丁度30文字です。

慣れれば、パズルを組み立てるように誰でも出来るようになりますので安心して下さい。

30文字丁度にぎりぎりまで商品情報を入れる理由は、途中でお話した通り

多くの人の目に触れさす機会を作り、落札金額を上げる為です。

ここで、[PS3]ではなく[プレステ3]や[プレーステーション3]の方が検索する人が

多いのではと思った方がいたら、その方はよく考えている方です。

でも、これで良いんです。

なぜなら、ヤフオクでは[PS3]でも[プレステ3]でも同じ物として認識してくれる設定されています。

これを、「共通認証」と言います。

ただし、場合によっては、同じブランド名でも英語表記とカタカナ表記では違うものと認識される

場合もあるので、注意が必要です。

調べる方法は、実際にヤフオクの検索画面に別々に入れて検索してみて、検索結果数に違いが出なければ

同じ物として認識されていることになります。

まとめ

この記事では、オークファンの使い方と、その結果の見方、

そして、その情報からヤフオクに出品する際のタイトルの付け方を

紹介しました。

それでは、次の記事では実際にPS3をヤフオクに出品する直前まで説明します(PS3はまだ使うので^^;)

<前 | 次>

スポンサーリンク
こちらから他の記事も見ることが出来ます
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ