元買取業者が教える!? 商品を取る際の写真の撮り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

今回は、出品する商品の写真を撮影する際の

写真の撮り方を説明します。

ヤフオクでは通常は載せる写真は3枚までとなっています。

イメージアップというツールを使うと、3枚以上写真を載せることが出来ますが今回は割愛します。

ヤフオク商品情報5

スポンサーリンク

ヤフオクでの通常の写真の撮り方

・全体の写っている写真

画像1の写真を載せる箇所は、検索して初めにタイトルや価格と一緒に表示される画像になりますので

ここには全体が映っている写真を載せます。

PS3で言うと付属品も全て画像に入っている写真を使います。

中には付属品が付いていないと判断して、クリックして商品の詳細を見てくれない方もいるので

これも露出を増やすという考えからです。

・本体、メインとなる物だけを写した写真

PS3で言うと本体の部分になります。

メインの部分ですので、これが写さなくては、商品の詳細を見に来た方が不安を覚えます。

・付属品、小物などを写した写真

画像1で全体、画像2で本体と来たので、画像3では残っている付属品や小物を写した写真を載せます。

イメージアップなどを使用して多くの写真を取る場合の撮り方

DSCN0321 DSCN0322 DSCN0323 DSCN0327 DSCN0328 DSCN0329 DSCN0330 DSCN0331 DSCN0332 DSCN0334

イメージアップで10枚掲載する場合の写真です。

本当は背景も白が良くて、家具などが写ってしまっていますが、ご容赦ください。

小物類なら、厚紙や布などを使って簡易撮影セットを作れてるので

より綺麗に撮ることが可能です。

取る写真リストは下記になります。

・全体が写っている写真

・本体の写真(上から撮る)

・付属品の写真

・本体の写真1(水平方向で正面から撮った写真)

・本体の写真2(水平方向で右から撮った写真)

・本体の写真3(水平方向で左から撮った写真)

・本体の写真4(水平方向で後方から撮った写真)

・裏側の写真

・製品についているモデルを大きく写した写真

・通電できている写真(家電の場合)

PS3のような電化製品の場合は以上になりますが

「モノ」に破損や汚れ等がある場合は、それをしっかり写真で取り

文章でも書くことが大切です。

破損や汚れにより、入札数や落札金額は下がる可能性がありますが

下手に隠したり、誤魔化したりはしないで下さい。

トラブルの元になりますし、絶対に次に繋がりません。

また、全体の写真ではこういった撮り方もOKです。

DSCN0325

DSCN0337

商品を傾けて、斜めから取っています。

こちらも下や背景が統一されていれば、メーカーの製品ページに載っていそうな写真になります。

・良くない例

DSCN0320 DSCN0335

全体の写真の方は、床に置かれた状態で写真が取られている点、

ケーブルの部分が切れている点、本体の置き方が傾いて取られている点

の3つの修正点が挙げられます。

ケーブルの写真は、ケーブルを結ぶのではなく、ケーブルはキリキリや輪ゴムなで束ねて下さい。

見栄えが全然違います。

以上、良くない例の修正点を挙げました。

どれも細かいことでしたが、イーメジアップで使う場合の写真と見比べてみると、

その違いが分かるかと思います。

最後に

いかがだったでしょうか?

正面や横から撮る写真などは大丈夫だと思いますが

全体の写真を取る際の、カメラの角度がつかめない方がいると思います。

写真を見ても分かり辛いと思った方の為に、写真を取る角度を具体的な数字で説明すると

まず、商品を写真の中心に撮るのですが、この時、上下左右の空白の感覚は同じくしてください。

そして、商品を斜めから撮る場合、今回のPS3の全体の写真は右斜めから撮っています。

位置的には、

・横は商品の右端の延長線上の22.5度の角度

・高さは商品の上部から同じく22.5度の角度

になります。

写真添削

家電に限りらず、小物などもこの角度で撮影すると

それっぽい写真になりますので、是非試してみて下さい。

オークファンの使い方、ヤフオクの出品方法、写真の撮り方、

この3つを覚えたあなたは、もう自分で物を高く売ることが出来るようになっています。

そして、他のアマゾンやメルカリの出品方法は、ヤフオクでの出品の流れを掴んでいれば

そう難しいことはないです。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

<前 | 次>

スポンサーリンク
こちらから他の記事も見ることが出来ます
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ