知らない人が多い!?正規の時給や残業代の計算方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

[ad#co-1]

前回の記事では、ブラック企業・ブラックバイトに入っている方に向けた記事でしたが

今日は取得した出退勤時間の記録を使い、その正規の時給や残業代の計算方法についてご紹介します。

※残業代の請求は2年間で時効になります。逆に言えば過去2年間に遡って請求できます。

①時間外労働の時間数(時間)×1時間当たりの賃金(円)×1.25

また、午後10時から午前5時までの時間の深夜の労働の場合は、深夜労働として割増賃金が発生します。

②深夜労働の時間数(時間)×1時間あたりの賃金(円)×0.25

この深夜の労働が残業だった場合、1.5で計算出来ますので、0.25と少ない額で請求にならないよう注意しましょう。

上記は、計算方法の一部に過ぎません。労基でも詳しく教えてくれますが、弁護士サイトなどでも法的根拠に基づきしっかり説明されているサイトがあるので、ご紹介します。

残業代バンク

[ad#co-1]

数記事に分けて紹介しましたブラック企業・ブラックバイトシリーズですが、これで一度区切りを付けます。

次回は、その経験を踏まえて、仕事探しのサイトについてご紹介します。

スポンサーリンク
こちらから他の記事も見ることが出来ます
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ